2018

第41回日本バイオレオロジー学会年会, 名古屋大学, June 16-17

福島修一郎, 松井翼, 出口真次, “傾斜構造のコラーゲン基質を用いた細胞遊走評価”

日本機械学会 関西学生会平成29年度 学生員卒業研究発表講演会, 摂南大学, Mar. 10

青崎宏樹, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “Kras がん遺伝子変異が細胞の力学特性に及ぼす影響”

岡本達樹, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “単離ストレスファイバーの収縮動態計測による構造要素の推定”[Best Presentation Award]

河合拓真, 出口真次, “高音発声時における空気のふるまいが声帯に与える影響”[Best Presentation Award]

新山真平, 出口真次, “自己複製生物モデルの引張・圧縮応答”

三浦壮, 松井翼, 出口真次, “細胞収縮により形成されるシワ構造抽出のための画像演算アルゴリズムの開発”

村山航, 福島修一郎, 松井翼, 出口真次, “第二次高調波発生顕微鏡を用いた細胞外コラーゲン基質の変位解析”

渡邉樹, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “癌細胞の静水圧応答に関する研究”

第49回生物機械システム研究会, 大阪大学, Feb. 20

松井翼, “Load-denpendent contractile properties of actin stress fibers”

2017

第2回アクティブ・ソフトマター研究会,横浜国立大学,Dec. 26-28

出口真次,”細胞-基質接着の形と動きと力について”

第30回バイオエンジニアリング講演会, 京都大学, Dec. 14, 15

徳永昌也, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “焦点接着斑の動的構造に関する研究”

畝河内拳, 福島修一郎, 松井翼, 出口真次, “不均一酸素環境における共培養血管新生モデル”

福田翔太, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “遺伝子変異に伴う細胞収縮力の変化の検出”

吉本昂平, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “細胞基質構成分子間の力測定”

岡本達樹, 松井翼, 福島修一郎, 出口真次, “単離ストレスファイバーの力学的性質と構造要素に関する研究” [Outstanding Poster Presentation Award]

河合拓真, 出口真次, “高速で振動する流路内の流れに関する研究”

高藤駿介, 福島修一郎, 松井翼, 出口真次, “コラーゲンゲルの微視的構造が細胞遊走に与える影響”

松井翼, 三浦壮, 出口真次, “細胞の物理的状態評価を目指した画像演算アルゴリズムの構築”

出口真次, “細胞接着を理解する 分子生物学の流儀とバイオメカニクスの明日”

伊藤 将大, 前田 英次郎松井 翼, 出口 真次道上 達男, 坪井 貴司, 北口 哲也, 杉田 修啓 , 松本 健郎, “FRET 型張力センサを用いたストレスフ ァイバ内部の応力分布計測に関する研究”

第40回日本分子生物学会年会, 神戸ポートアイランド, Dec. 6–9

藤原佐知子, 松井翼, 出口真次, 水野健作, “Rho-GEF Soloは細胞-基質間接着における力覚応答に関与し上皮腺房形成を制御する”

松井翼, 三浦壮, 出口真次, “細胞発生力を評価する画像解析手法の開発”

出口真次, 徳永昌也, 松井翼, 福島修一郎, “細胞-基質接着の微細構造、分子動態および力分布の間の密接な関係性”

植田七海, 里見瑛梨奈, 松井翼, 出口真次, 檜枝美紀, “核膜タンパク質LINC複合体構成因子SUN1は細胞収縮力の発生に寄与する”

第15回医用分光学研究会,筑波大学,Nov. 29-30

廣瀬 敬吾,福島 修一郎,出口 真次,橋本 守,”鏡筒長550 mmコヒーレントラマン散乱硬性鏡の開発と神経イメージング”

第34回代謝調節の分子生物学・独り占めセミナー, 首都大学東京, Nov. 15

松井 翼, “細胞内因性収縮力を計測/評価するシステムの開発”

第28回バイオフロンティア講演会, 徳島大学, Oct. 28, 29

吉本昂平, 出口真次, “非対称声帯における裏声起声の解析”

福田翔太, 松井翼, 古川太一, 福島修一郎, 出口真次, “非筋ミオシンIIAの変異が細胞収縮力に及ぼす影響”

日本生体医工学会第56回北海道支部大会,北海道大学, Oct. 14

廣瀬 敬吾,福島 修一郎,古川 太一,出口 真次,橋本 守,”非線形ラマン硬性鏡を用いた術中神経イメージング”[研究奨励賞]

第76回 日本癌学会学術総会, パシフィコ横浜, Sept. 28-30

S. Deguchi, “Detecting endogenous forces of cells subjected to mutations and drugs”

今野雅允, 松下克則, 柳澤公紀, 出口真次, 土岐祐一郎, 森正樹, 石井秀始, “消化器癌の悪性度に関わるメカノバイオロジー”

5th Swiss-Japan Workshop on Biomechanics SJB 2017, Zermatt, Sept. 14-17

S. Deguchi, T. S. Matsui, T. Ohishi, “Biomechanical role of α-actinin-1 in forming focal adhesions”

S. Sugita, E. Mizutani, M. Hozaki, T. S. Matsui, S. Deguchi, T. Matsumoto, “Estimation of Cell Forces in Stress Fibers with Birefringence Measurement”

The 78th Autumn Meeting, JSAP-OSA Joint Symposia, Fukuoka convention center, Sept. 5-8

Keigo Hirose, Shuichiro Fukushima, Taichi Furukawa, Mamoru Hashimoto, “Coherent anti-Stokes Raman scattering imaging of nerves under rigid endoscopy”

XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017, 9th Asian-Pacific Conference on Biomechanics,Brisbane Convention & Exhibition Centre, July 23-27, 

Shinji Deguchi, Tsubasa S. Matsui, “Unique contractile properties of individual stress fibers may explain tension-induced immobilization of focal adhesions”

第9回分子骨格筋代謝研究会, 京都大学, July 17

松井翼, “非筋細胞内で力を支持するアクチンストレスファイバーの収縮動態”

第69回日本細胞生物学会大会 , 仙台国際センター, June 13-15

出口真次, 松井翼, “細胞の力くらべ:高いスループットで収縮力を定量評価するアッセイの開発”

第24回 HAB研究機構学術年会, 昭和大学, June 1-3

福田 翔太, 松井 翼, 市川 尚文, 古川 太一, 木岡 紀幸, 福島 修一郎, 出口 真次,”細胞の「力比べ」アッセイ” [Best poster award]

日本農芸化学会2017年度大会, ウェスティン都ホテル京都/京都女子大学, Mar.17-20

市川 尚文, 松井 翼, 荒木 智彦, 喜多 真弘, 植田 和光, 出口 真次, 木岡 紀幸, “細胞収縮力発生におけるビネキシンファミリータンパク質の役割”

医工連携推進セミナー,徳島大学医学部,Mar. 16

出口真次,”細胞が発生する物理的力の生物学的意義およびその定量評価法”

第64回 応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,Mar. 14-17

廣瀬 敬吾,福島 修一郎,古川 太一,橋本 守,”コヒーレントアンチストークスラマン散乱硬性鏡を用いた前立腺筋膜内の無染色イメージング”

日本機械学会 関西学生会平成28年度 学生員卒業研究発表講演会, 大阪大学吹田キャンパス,Mar. 11

畝河内 拳,福島 修一郎,松井 翼,古川 太一,出口 真次,”マイクロ流体デバイスを利用した低酸素環境における細胞培養モデルの開発”

山下 祥平,福島 修一郎,松井 翼,出口 真次,古川 太一,”マイクロ流体デバイスを用いた培地中物質の濃度勾配の形成”

藤原 秀,松井 翼,古川 太一,福島 修一郎,出口 真次,”タンパク質複合体ストレスファイバの動態挙動観察”

福田 翔太,松井 翼,古川 太一,福島 修一郎,出口 真次,”腎疾患細胞実験系の構築とその力学特性の計測”

白谷 侑士,松井 翼,古川 太一,福島 修一郎,出口 真次,”細胞競合現象における力学的側面の調査”

吉本 昂平,出口 真次,”裏声発声時の自励振動に関する理論解析” [Best Presentation Award]

中村 卓也,松井 翼,古川 太一,福島 修一郎,出口 真次,”単一細胞の収縮性の定量評価に関する研究”

第84回大阪大学工業会機械工学系技術交流会,大阪大学工学部,Feb. 10

出口真次,”細胞が発生する力の可視化とその創薬展開”

第29回バイオエンジニアリング講演会, ウインクあいち, Jan. 19-20

石川 晃大,松井 翼,出口 真次,”アクチン結合タンパク質トランスジェリン1の結合動態調節機構”

出口 真次,松井 翼,田中 裕一郎,呼格吉楽,”スループットの高い細胞トラクションフォースアッセイの開発”

松井 翼,出口 真次,”高効率な細胞収縮力評価システムの開発-自動画像解析について”

2017 Cellular and Molecular Bioengineering Annual Conference, Hapuna Beach Prince Hotel, USA, Jan. 3–7

Shinji Deguchi, Sho Yokoyama, Tsubasa S. Matsui, Taiki Ohishi, “Local geometry sensing by individual focal adhesions”

2016

Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium/14th Annual Meeting of the Japan Association of Medical Spectroscopy, Awaji Island, Dec. 4-7

Keigo Hirose, Shuichiro Fukushima, Taichi Furukawa, Mamoru Hashimoto, “Visualization of myelinated nerve using coherent anti-Stokes Raman scattering rigid endoscope”

第39回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, Nov. 30 – Dec. 2

松井 翼, 出口 真次, “個々の細胞が発生する力を高効率に定量化するシステムの開発”

第32回大阪大学基礎工学研究科産学交流会,大阪商工会議所,Nov. 30

出口真次,”細胞が発生する微小な力の見える化”

MHS 2016 (International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science), Nagoya University, Nov. 28-30

Tsubasa S. Matsui, Huge Jile, Shinji Deguchi, “A new engineering system for the study of cell mechanobiology”

日本機械学会 第27回バイオフロンティア講演会,北海道大学工学部フロンティア応用科学研究科,Oct. 22-23

深見 公彦,松井 翼,出口 真次,”人為調整した細胞コロニー形態が収縮力分布に及ぼす影響”

International Conference on Flow Dynamics 2016, Sendai International Center, Oct. 11

Deguchi, S., Yokoyama, S., Matsui, T.S., Ohishi, T., “New traction force microscopy suggests a mechanism of local geometry sensing by individual cell adhesions”

阪大ナノ理工学人材育成産学コンソーシアムH28年度第2回ナノ理工学情報交流会,阪大文理融合棟,Sep. 8

出口真次,”メカノバイオロジーの基礎と応用”

バイオメクフォーラム21 第81回研究会,阪大基礎工Σホール,Jul. 9

出口真次,”細胞バイオメカニクスとメカノバイオロジーのせめぎ合いと融合”

第68回日本細胞生物学会大会, 京都テルサ, June, 15-17

出口 真次, 松井 翼, 倉賀野 正弘, 高橋 正行, “ミオシン調節軽鎖のリン酸化は個々の細胞が発生する収縮力の大きさに相関はあるか?”

平成28年度 日本分光学会年次講演会,大阪大学 豊中キャンパス Σホール,May. 24-26

廣瀬 敬吾,青木 拓也,古川 太一,福島 修一郎,橋本 守,”コヒーレントアンチストークスラマン散乱硬性鏡の色収差補正”

第55回 日本生体医工学会大会,富山国際会議場・富山市民プラザ,Apr. 26-28

廣瀬 敬吾,青木 拓也,福島 修一郎,坂口 良幸,古川 太一,橋本 守,”術中での無染色神経イメージングを目指したコヒーレントアンチストークスラマン散乱硬性鏡の開発” [研究奨励賞・阿部賞]